東松山市議会議員 鈴木健一

東松山市議会議員 鈴木健一

東松山が変わる!~ゼロから始まる、チャンスが広がる~

HOME > 東松山を変える五つの柱 > 保健医療福祉の充実

東松山を変える五つの柱

2.保健医療福祉の充実

保健医療福祉の充実

  • 保健医療福祉の三位一体の改革
  • 市民病院改革
  • 市民病院を中心として市内循環バスを走らせるバスをワゴン車に
  • 市民病院赤字削減
  • 難病認定の見直し

先頭に戻る

保健医療福祉三位一体の改革

  • 公立みつぎ総合病院をモデルに、市民病院を変える

公立みつぎ総合病院〜寝たきりゼロ作戦と保健・医療・福祉の連携〜

先頭に戻る

市民の健康が第一

  • 保健師の活用…保健師が多い地域は医療費が抑制(食生活からの指導)
  • ウォーキング推進
  • 検診の充実 受診率20% ⇒ 40%(先進地域、上尾、所沢は40%)
  • 水中運動により、老化防止。血管年齢の若返り
  • 食生活からの指導
  • ゲートボール場にちょっとした休憩所
    グランドゴルフ・マレットゴルフを通じて、楽しんで歩いてもらう
  • 一人暮らしの高齢者の安否確認

先頭に戻る

市民病院改革案

【現状】
  • 人件費比率 平成17年:48.2% ⇒ 平成21年:62.2%
  • 事務職員給料 19年:平均912万円 ⇒ 21年:954万円(22人⇒18人)
  • 医師 19年:1881万円 ⇒ 21年:2,169万円 15人
  • 医事会計業務・レセプト業務等の委託費に多額の費用
【課題】
  • 医師・看護師を定着させるには
  • 医師看護師事務職の経営改善会議
  • オーダリングシステムの導入による効率化
  • 事務局長に経営の専門家の登用
【改革案】
  • オーダリングシステム導入によるIT化 - 電子カルテ
  • 街全体がホスピタル 街の薬局を利用
  • 市民病院へのアクセスを高めることが必要
  • 市民病院を中心として市内循環バスを走らせる
    (自動車教習所との連携により経費を削減しつつ、路線の拡充、バスをワゴン車に、福祉バス)
  • 土日・夜間の救急医療再開 を直ちに行う(3ヶ月以内)
    ※(医師一人 日曜休日 8時から5時 11万円/1日)
     (夜間(当直) PM5時からAM7時 12万円/1日 )
  • その他、看護師人件費
  • 約1億1千万の医師報酬が必要
  • そのためには赤字削減が必要

先頭に戻る

福祉政策

  • 幼-老複合施設
  • 一人暮らしのお年寄りが集えるサロン
  • 福祉関連事業を育成することで、若者の雇用創出
  • 小規模多機能型・グループホームの普及支援
  • 高齢者ルームメイト支援
  • 自動車教習所との提携により巡回バスを充実
  • 一人暮らしの高齢者の安否確認
  • 総合福祉エリアの改善

先頭に戻る

HOME東松山を変える五つの柱ご挨拶中央大学大学院公共政策研究科プロフィールブログ

Copyright(C)2010 suzuken555 All rights reserved.